禁煙外来で処方される薬の種類

なかなか自分一人では成功しないのが禁煙です。
気持ちは強くタバコをやめたいと思っていても、体がニコチン中毒になってしまっていると、気持ちだけでは辞めることができません。
ですので、うまく禁煙外来を利用して、無理なく体の中から変えていく必要があります。
禁煙外来では、生活習慣の見直しや知識を学ぶことも大切です。
しかしながら、一番効果的で重要なのは、薬による禁煙への誘導です。
禁煙外来の薬にも多くの種類があります。
また、時ともに種類や体への影響が少ないものに変わってきていますので、自分に合った薬を選ぶことも出来るようになってきています。
禁煙外来の薬は大きく分けて、ニコチンを含むものと、含まないものがあります。
ニコチンを欲してしまう体だと、いきなりゼロの状態にしてしまうと、かえって衝動が強くなります。
集中力がなくなったり、イライラしたりで、仕事や生活に支障が出てしまいます。
そこで、タバコの代わりに薬によって、ニコチンを適度の摂取するタイプです。
だんだんとその量を減らしていくことで、タバコだけでなく、ニコチン依存からも脱却できます。
今までの治療では多く使われてきたタイプの薬です。
しかし、ニコチンを含まない、新しいタイプの薬も出てきます。
ニコチンが切れた時に出る症状を軽くし、タバコを美味しく感じないようにしますので、自然にタバコから離れることができます。
この禁煙外来の薬は、最初は喫煙しながら服用します。
その後、だんだんとタバコを減らしていき、最終的には禁煙に至るようにプログラムを組みます。
だんだんと薬の効果でタバコが美味しく感じなくなりますので、数本数を減らしても苦にはなりません。
また、ニコチンが入っていないので、体にとっても負担の少なく、皮膚の弱い方も服用できます。
飲むだけなので、面倒もありませんし、時間もかからない治療方法です。
医師にアドバイスをしてもらいながら処方されるので、安心して服用できることもメリットです。